安心で快適な室内
家づくりの想い
自由設計
強い構造体
安心で快適な室内
高気密・高断熱
ウレタン断熱
エネルギー効率
24時間換気システム
ベストバランス
太陽光発電システム
オール電化住宅
バリアフリー

家中のすき間をなくし、
ヒートショックも少ない、安心・快適な室内空間

ウレタン断熱工法は、完全ノンフロンタイプで、水に強く火災にも強いなどの性能面ではもちろん、オール電化仕様にも適した工法と言えます。家のすき間0ゼロを目指し、必要な断熱・必要な気密・冷暖房・計画換気のバランスのとれた高気密・高断熱住宅を全棟にお届けします。


H20年4月10日に富山市K様邸にて気密測定を実施したところ、目標C値を見事クリア。その高気密性を実証しました。

■気密性能 相当隙間面積とは?
住宅の総隙間面積を床面積で割った数値を表したものがC値です。数値が小さい方が隙間が少なく気密性能が良いことになります。



理想的な断熱素材「硬質ウレタンフォーム」
優れた断熱材のポイントは、熱伝導率にあります。
「硬質ウレタンフォーム」は、無数の細かい独立気泡で構成されているため、各種ある断熱材と比較しても特にこの熱伝導率が低く、断熱効果は、グラスウールの2倍以上。
まさに理想的な断熱材といえます。
従来の断熱工法の場合、断熱材の継ぎ目などに生じる隙間が、熱ロスや結露などの問題を引き起こしていました。これを現場発泡による施工で解決した,「現場発泡ウレタン吹付工法」は、継ぎ目のない断熱層を実現する画期的な高気密工法として、大きな注目を集めています。



完全ノンフロン・水発泡ウレタンの特長

オゾン層破壊や地球温暖化の原因となるフロンを全く使用しない、ノンフロン素材。 フォームのセル中は空気で、環境に優しい断熱材です。


ページトップへ